講演会シーズン

毎年の事ではあるけれど秋から翌年春にかけては様々な講演会が開催される、今年もぼちぼち講演会予定が入ってきたので選択していくつかの申し込みを済ませた。インプラント関連では臨床経験も長く症例数も結構多いので経験から、或いは臨床的な繋がりから得る知識が既に相当数蓄積しているので 講演会で全く知らない新しい内容を吸収するというのは殆どない、どちらかといえば自分が臨床で行っている事のエビデンスを求めて参加するとか、確認するという意味合いが強い様に思う。 今回は、10月に名古屋で開催の「咬合と補綴から考えるBone Level Implant成功の条件」という 講演会に参加する。 Bone Level は発売当初から径の大きい大臼歯用も出てるが、審美領域(前歯~小臼歯)に有利な形状ゆえ大臼歯用は使った事がない、大臼歯部は従来の Tissue Level で十分対応出来るからわざわざ Bone Level を選んで使う理由が見当たらないから使わなかったが 今回の講演会ではその辺りの疑問が解消されれば良いかなと思う。 ま、ともかくインプラント関連で今月末は東京、来月(11月)にもITIインプラントスペシャリスト セクションミーティングで東京に行く事になったので 爽やかな季節に自転車、バイクで遊んでる暇はないぞ~(泣)