梅雨に入ったとはいえ帰りの時間まで雨が降りそうもない日も結構あり そんな日はなるべく自転車で通勤してる。暑くないのはありがたいけど、でも風が湿気を帯びており重くて とても気持ちが良いとは言えない それでも車通勤よりは楽しい。 
ドライカーボンという素材は、車やバイクのパーツとか 自転車のフレームでも使われており軽くて強く またその柄も好きなので 例えばボールペンであったり定規とか印鑑などステーショナリーグッズを見つける度に買える価格なら購入して愛用してきた。 ところで自宅で使ってる箸が1年ほど前に折れて?欠けてしまいドライカーボン製の箸は出てないのかな~?と随分探したけれどあっても形がイマイチだったり、先端が太かったり 或いは先だけ金属だったりで 購入してずっと使う気にはなれなかった。ミッドランドスクエア地下には「銀座 夏野」という箸専門店があり、ビルが出来た当初から時々覗きに行ってたが とうとう先日このお店で昔から憧れの「スネークウッド」という南米ギニア周辺でしか生育しない希少な木材の箸を購入して帰ってきた。木目に蛇のような 或いはヒョウ柄と表現するような模様があり 非常に硬い重い木らしい。3角、4角~8角までいろいろあり 模様の出方や箸の長さや形 磨き仕上げや木目地そのまま 塗りが掛かったものまで様々あったけど、木目が最も綺麗に出てた木目地そのままの5角形にした、数日間使ってみて感じたのは もうドライカーボンの箸を見つけたとしても欲しくならないと思う・・・ だった。(写真はnetで探したスネークウッド8角箸)