ウインカー

昨年10月頃、2000年に2000台だけ限定で発売された DUCATI の中古を買ってから お天気の良い日に近所を軽く流してみたり 少しずつ好みのパーツを組み込んだり~と 充実したバイクライフを楽しんでいるけれど どうしても自分で手に負えない LED ウインカーの装着を先日バイクの師匠である福田さんにお願いした。今までにペダル付きサイドスタンドへの交換や、ヘッドライトとテールライト&ブレーキランプの LED 化とか フェンダーやクラッチカバーをカーボン製に付け替えたりしたけれど自分で出来るのは精々ここまでで ウインカーは LED用のリレーに交換する事と配線をいじってメーターパネル内のパイロットランプを回避しないといけないらしく完全に自分のキャパ不足です。サービスマニュアルを読んでも適当というか、イタリア車のいい加減さに呆れてると思うけど 放り出さずにきちんと面倒を見てくださって 本当に頭が下がる思いです、感謝。 さて、ほぼ終わって組上げようとしたところ 今度は交換予定のイタリア製 LED ウインカーのクオリティーの低さに福田さん頭を抱えてる、本当に申し訳ない。 車やバイクや自転車も、或いは万年筆や電化製品まで含めてもう40年以上の付き合いになるので デザインへのこだわりはすごいし目的に向かっての完成度も素晴らしいけど 何かあった時の事はまるで考えてない・・・判ってます、はい。