ガス欠

日曜日は折角風のない暖かい陽気なので自転車かバイクで出掛けようと思って、バイクでいなべの cafe Attente を目的にお昼前から走り出した。バイパスからミルクロードを右折してゆっくり気持ちよく流してたら、あろう事か いなべ市役所を少し越えた下野尻という辺りで 生まれて初めてのガス欠をやってしまった・・・。いつもツーリングから帰るとガレージに入れる前にガソリンを満タンにしてから仕舞うのに 慣れないバイクで結構疲れてたのか、久々のバイクが嬉しくて堪らなかったのか ガソリンを入れる事などすっかり忘れタンクが空っぽのままガレージに仕舞いこんだのを思い出したのだった。 今までのバイクにはガソリン残量を示すメーターが付いていたので気にした事もなかったけど、今回のバイクは2000年モデルなので メーターなどは存在せず残量が少なくなった時に点灯するオレンジ色のランプのみ あかんわ。(そういえばスクーターもランプのみやな、これも古い) siriで近所のGSを調べ片っ端から電話してみたけど 配達してくれるスタンドは見つからず、2.3キロぐらいなので仕方なく歩いて買いに行く事にした。ヘルメットをぶら下げ歩き出して5分後、通り掛かったバイクが止まって声をかけてくれた スタンドまでタンデムで送ってくれると言う。SUZUKIの4気筒レーサーレプリカの後部座席は高く小さく、一応人が乗せられる程度のシートに重い親父がやっとこさ跨り 申し訳ない気持ちでいっぱい。走り出すとパワフルなエンジンとスムーズなコーナーワークには 驚いた。5分そこそこで到着したスタンドで降ろして貰い ヘルメットを脱いでやっとお礼を言ったら風のように去って行った、ありがとうございました。 そのあとは何処も寄り道せず、GSで満タンにしてそのまま診療所まで戻ってきた。