Online Meeting

講演会が次々 Web を使った Online Meeting に移行しつつある。7月19日に大阪千里で開催の「骨補填材サイトランスグラニュール講演会」も、会場の入場を300人から60人に減らし、その分の参加人数を製造販売メーカーの支店セミナールーム5か所に分散し5~60人に制限したサテライト開催となった。ならば、わざわざ大阪まで行く意味はなく名古屋支店に予約を変更したので、押さえてあった大阪難波のホテルもキャンセルして当日朝10時に覚王山に到着すれば良い、ずいぶん楽になった。
ITI(International Team for Implantology)も今年の講演会は全てOnline 開催に変更された。今日は19時からITIセクションジャパン・チェアマン勝山英明先生の特別公演「 1.COVID-19下でのITIの活性化 2.インプラント治療のマスタークリニシャンになるには」が Zoom によって行われた。iPad に Zoom を初めてインストールして 巧く参加 視聴出来るのか不安があったけれど講演が始まってみると実際に大きな会場で前面に映し出された画面を観てるより目の前に置いたタブレットを観てる方が判読しやすくスピーチの内容も頭に入ってきやすいし また質疑応答もマイク片手に会場全員相手にするような物々しさはなく 個別で質問してる感覚に近い。次は7月15日 ITI Study Club北陸のOnline Meeting となる。移動して参加に比べれば制約がなく幾らでも参加 視聴が可能となったのは COVIT-19(コロナ)によって齎されたメリットかもしれない。